楽に、楽しく。

楽に、楽しく、生きていきたい

車を手放して困った5つの事

車を手放して約一ヶ月経ちました。

事前に困るであろう事を想定していましたが、想定が甘い部分がありました。

「車を持っていないつもり」で生活していた期間から今までの間で困ったことをご紹介します。

hanezu-m.hatenablog.com

1. 通院が不便だった

車がないと、通院がちょっと不便です。これは想定外でした。

経過観察で通っているクリニック(産婦人科)は自転車で片道20分でした。結構キツイ。
もし結婚後も今の場所に住むなら、妊娠のタイミングで車を買う可能性があります。

皮膚科はどうしようもなく遠くなったので、自力で治すか転院か考えています。

その他の医療機関耳鼻咽喉科、歯科)は自転車で10分前後か駅から徒歩圏内だったので問題なし。

車を手放そうと思っている人は、通院している科が駅近くにあるのか、転院してもいいのかも考えておくといいと思います。

2. 防犯面が心配

通勤は最寄り駅まで歩いていたのですが、帰りが遅くなったときに路上でチカンに会いました。

警察に被害届を出したときに、自転車のほうが安全だと言われたので、自転車を買いました。当初は買うつもりが無かったのですが、しょうがない。

車を売る前の「お試し電車通勤」をしていた時だったので、買った自転車を車で運べてよかったです。

冬場は定時退社しても外が真っ暗なので、交通事故にも気をつける必要があります。

……私が住んでいる場所は、家までの道中に街灯が少ないんですよね。

3. 外気にさらされる時間が長い

自家用車なら家を出てから車に乗るまで徒歩数十秒です。

電車の場合は徒歩7分+待ち時間。

かなり寒いです。
寒さに強いと思っていましたが、自己認識が甘かったです。同じように夏もツライだろうと予想します。

反面、電車やバスは既に空調が効いているので、車のようにエンジンをかけてから適温になるまで待つことがないのが嬉しいです。

4. 食品トレーのリサイクルができない

食料品関係で困っているのはトレーのリサイクルです。

アピタの「使い放題コース」に入ると月額300円で送料が無料になったり、資源容器を回収してくれたりします。

当然、それに申し込むつもりだったのですが、なんと私の住んでいる地域は使い放題コースの対象外でした。

アルミ缶は拠点回収に持って行けばいいのですが、食品トレーはスーパー以外に回収場所が無いので、泣く泣くプラスチックゴミとして捨てています。

5. 車を手放したら物が増えた

車を手放したことで購入したものがあります。

「買い替え」で済んだ物はいいのですが、「新規購入」も発生しました。下記項目の末尾に※がついているものは「新規購入」です。

  • 自転車※
  • 空気入れ※
  • 反射板キーホルダー※
  • ウォーキングシューズ
  • リュック
  • 定期入れ※
  • 防寒具※

これ以外にも、夏の暑さ対策用品も発生しますね。

金額では2~3万円くらいなので、車の維持費三ヶ月分で初期投資が完了したと考えればいいのですが、片付け苦手は私にとって、物が増えることは避けたかったです。

現在、空気入れの置き場が決まっていない状態です。

車を手放したメリット

車の維持費が無くなった事が一番のメリットですが、運転しなくてよくなった事も大きなメリットです。

時間が増えた

運転していた時間が、そのまま空き時間として使えます。

本を読んだり、ブログを書いたり。食料品の買い物も空き時間にできちゃいます。

運転中の「ヒヤリ」が無くなった

運転が苦手なので、結構「ヒヤリ」としたことがあります。それがなくなると精神的にラクです。

自家用車に傷がつくこともないので、現場で対応してもらう待ち時間や修理費用が削減できました。

まとめ

対応できないほどの困りごとが発生しなかったので一安心です。

困りごとの半分は「慣れ」で解決できそうです。

家に空き瓶やダンボールが溜まってきたので、カーシェアの契約も必要かなと思っていますが、月額費やカーステーションの距離も考えながら、もう少し検討したいです。

 

自転車は楽天で注文してお店で受け取りました。

自宅に配送も可能ですが、組み立てや折りたたみ方に自信が無かったので、お店で受け取るついでにレクチャーしてもらいました。