楽に、楽しく。

楽に、楽しく、生きていきたい

通勤にも使えるanello(アネロ)のミニリュック

今までハンドバッグを使っていましたが、自転車に乗る時に邪魔になるのでリュックに買い替えました。

「anello(アネロ)」のミニリュックを購入した理由と、持ち物の収納場所について紹介します。

anelloのミニリュックを選んだ3つの理由

大きい駅でぐるりと見渡せば、誰かが背負っている。「anello」の口金リュック。

色々とバリエーションがある中で、私が「合成皮革 口金ミニリュック」を購入した理由を紹介します。
※色々書いていますが、「安かった」のが決め手です。

サイズが小さめ

私は152cmと小柄なので、通常サイズだと「小学1年生がランドセルに背負われている」状態になってしまいます。

anelloの口金リュックには通常サイズとミニサイズがあったので、ミニサイズを選びました。
背負ってみるとしっくりくるサイズです。

A4サイズ収納可能

これが購入する際の一番重要な点です。

仕事でも使うとなると、A4サイズが収納できることが条件になります。anelloの口金リュックは小さいけれど、A4サイズもちゃんと入ります。

実際に入るか試してみた

A4の用紙を入れるクリアファイルは問題なく収納できました。

リュック自体の柔らかさがあるので、クリアファイルやパンフレットのような柔らかいものだと、曲がってしまう可能性があるので注意が必要です。

出張時にパソコン(A4サイズよりやや大きめ)を入れてみたところ、チャック部分に角が少し引っかかるものの、なんとかチャックを閉めることができました。

思っていたより大容量

パソコン、ACアダプター、二つ折り財布、280mlのペットボトルを出張時に持ち歩きました。これだけ入れても、まだ化粧ポーチくらいなら余裕で入りそうな収納力です。

それまで使っていたハンドバッグ(同じくA4が入る)より小さく見えましたが収納力は上でした。

コンサバ系の服装にも合う

コンサバ系の服装だと、やっぱりリュックもキャンパス地よりレザー調のほうが合います。

街中ではanelloのキャンパス地タイプのものを良く見かけますが、大人っぽく見える合成皮革タイプもあったので、そちらを購入しました。

現在はトレンチコートの上に背負っていますが、それほど変じゃないはず……。

いつも持ち歩く物の収納場所

このリュックが、自分の意思で買った初のリュックです。

いつも持ち歩くものをどこに入れるかも試行錯誤でしたが、ようやく落ち着きました。

※以下に記載の無いものは、メイン口に入れています。 

家の鍵と自転車の鍵

家の鍵と自転車の鍵(リングで一緒にしています)は前ポケットに入れています。

前ポケットなら、リュックを降ろさなくても出し入れができたので、そこが定位置になりました。入れるときは手探りですが、取り出すときは、大抵リュックを降ろしているので問題なし。

定期券・スマホ

定期券とスマホはサイドポケットに入れています。

定期券は改札でタッチしやすいように背負って右側のポケットに入れています。

100均の「延びるリール」でリュックのショルダー紐と接続しました。

スマホはモバイルWi-Fiルーターと一緒に、左側のポケットに入れました。

フタのないポケットなので、スマホは盗難注意ですが、今のところ大丈夫です。

ボールペン

ボールペンはメイン口の中にあるポケットに入れました。

サイドポケットに入れていたこともありますが、使うときは大抵リュックを降ろしていたので、中に入れることにしました。

まとめ

初めてのリュックでしたが、両手が空いているのでストレスフリーです。

毎年、年末に帰省するときは荷物(キャリーバッグと正月花)で両手がふさがるため、ウエストポーチを使っていました。

今回はリュックで帰ってみたのですが、問題なかったので、ウエストポーチは処分することができました。