楽に、楽しく。

楽に、楽しく、生きていきたい

靴べらでスニーカーを長持ちさせる

皆さんがお手持ちのスニーカーはどこから傷みますか?

私の場合はかかと部分から傷みはじめます。

スニーカー

この赤丸部分が、擦り切れるか折れ曲がるかしたときに「寿命かなぁ」と思って買い換えます。

原因が分かれば対策もできる

かかと部分が擦り切れるのは、歩いている時に靴が脱げかかり摩擦が起きていることが原因だと思っています。

これはジャストサイズの靴を履いていれば、ある程度対策ができます。

では折れ曲がる原因は何かというと、靴を履くときにかかと部分を踏んでいるからです。

踏んで潰したあとに、指やかかとの押し付けで戻す。そんなことやってたら、そりゃあ痛みますよね……。かかとも靴ずれを起こします。

踏まずに履く。そのための靴べら

本来、スニーカーは履くときに紐をほどいて履くものなのですが、靴を脱ぐという習慣がある日本では、会社で履き替え、居酒屋で脱ぎ……と、紐をほどいて履くというのは、なかなか面倒な作業です。お洒落スニーカーを履いているような人だと、ちゃんと靴紐をほどいているのを見かけますが、私は一度もやったことありません。

ということで、靴を履くときにかかとを踏まないように、靴べらを買いました。

靴べらって、年配の人や男性が使うイメージだったので、買うか悩んだのですが、いざ使ってみると、とってもスニーカーが履きやすい。

靴べら無しだと、靴を履いた後に曲がったかかと部分を掘り起こして、爪が折れそう……とヒヤヒヤするのですが、そんな心配は無用。買ってよかったです。

会社でも使いたかったので、携帯用を買いましたが、問題なく使えます。

かかと部分に靴べらを沿わせて、足を入れるだけ。靴べらを底まで入れる必要はないです。

お気に入りの靴は長く使いたい

靴って、だんだん自分の足に合っていくもので、しかも自分の足にフィットするものってなかなか見つからなかったりします。

だからこそ、見つけたお気に入りの靴は長く大切に使っていきたいです。

広告を非表示にする