楽に、楽しく。

楽に、楽しく、生きていきたい

ADHDの診断受けてきた

もともと、大人の発達障害なのかなと思っていました。日常に支障はないので放置していましたが、だんだん精神が追い詰められてきたので、心療内科に行くことにしました。

受診のきっかけはネットの一言

ネットの発達障害チェック疑いアリと出でも、仕事で上手く対処できなくて鬱気味になっても、病院に行くだけのきっかけがない。

そんな感じで関連情報を検索していたのですが、あるサイトに書いてあった一言で病院に行く決心をしました。

ネットで鬱の症状やチェック項目見ている時点で、病院に行く理由になる。普通の人は検索しようとも思わない

病院の検索と来院まで

そもそも大人の発達障害の診断をしてくれる病院は少ないらしいです。私は下記で調べました。

予約しても1ヶ月待ち等の噂もありますが、私が予約したところは2週間後で予約できました。予約時に大人の発達障害の検査をしたいということを伝えておくと安心です。

来院までの間に、自分の心当たりの症状をまとめました。

現在だけでなく、幼少期どうだったか含めて、思い出せる限り書きました。

※書きなぐりのメモですが、クリックで拡大できます

f:id:hanezu_m:20180326211401j:plain

どの症状を改善したいのかも自分の中で決めました。

このリスト、病院には「いらない」と言われるのが怖くて持って行ってませんが、整理したことで、自分の症状を話しやすかったです。

病院でやったこと

問診表に記入後、カウンセリングを行いました。家族構成、転勤暦、身長体重など色々聞かれました。

その後は先生の診察を待っている間にチェックシートを記入しました。一枚は先ほどのリンク先にもあるADHDのチェックシート。もう一枚は名前は忘れましたが、どの発達障害に該当するのかチェックできるシートでした。

先生の診察ではチェックシートを元に問診しました。

正確な診断名は貰っていませんが、ADHDだろうという結果でした。

想像力が高くこだわりが低いので、ASDではないらしく。グレーゾーンだとも言われませんでした。

日中眠くなるようなら薬を処方するといわれたので、コンサータを処方してもらいました。眠くなるというよりフリーズして寝落ちするというのが正確ですが……。

薬の効果はしばらく飲んでみてから記事にしたいと思います。

受診してよかった

2週間分の薬含めて5,000円くらい費用がかかったので、正直財布は痛いですが、受診してよかったと思いました。

自己診断ではアスペルガーっぽいし、学生時代の友人が典型的ドジっ子であれがADHDだと思っていたので、なかなか対処できなかったのですが、診断されたことでインターネットでも対処法の検索もできるので、少しは自分で対処できるようになるのかなと思います。

そもそも発達障害かもと思ったきっかけは、仕事でプロジェクトリーダーになったけど、上手く仕事ができないということでした。

同じような悩みを持った方の参考になれば幸いです。